海外旅行 持ち物 イタリア

イタリア行くとき、ないと絶対困るアイテム6選!!

イタリアというか『海外』に行くときに、
必ず用意しておかなければならないアイテム6選を紹介します。

 

全て事前準備が必要なアイテムなので要チェックです!

 

  1. パスポート
  2. 航空券(eチケット)
  3. 財布(現地通貨)
  4. スマートフォン
  5. 海外旅行傷害保険
  6. クレジットカード

 

特にこの中でもクレジットカードには数々の落とし穴があるので、
よーくチェックしてから準備するようにしましょう。後ほど詳しく説明します。

 

パスポート
海外旅行はパスポートがなければ始まりません!

初めてパスポートを作る人も、更新、変更がある人も、
申請してから少なからず1週間はかかるので、前もって準備をしておきたいNo.1アイテムです!

 

申請するには、一般旅券発給申請書、戸籍謄本、住民票、顔写真、本人と証明できるものなど
用意しなければならないものだらけです。
書類集めに色んな機関を駆け回らないといけないので、早め早めの準備がポイントですよ!

航空券(eチケット)
近年では、航空券の電子化が勧められており、ほとんどがeチケットを使った搭乗手続きになっています。

紙ベースのデータではないので紛失や盗難の心配もありませんし、
出発当日までにプリントアウトして空港に持って行くだけの簡単なものです。
当日の手続きをよりスムーズに行うには、プリントアウトしておくのがおすすめです。

財布(現地通貨)
イタリアは海外の中でも得にスリが多い国です。

財布の2つ持ちは絶対条件です!
高級なものを持っていると狙われる可能性が高まるので、
100円均一でコインケースなど用意するといい
と思います。

 

持ち歩く財布には最悪の場合、取られてもいい額しか通貨を入れないようにしておきましょう。
所持金全てをひとつの財布にまとめておくのはかなりリスキーです。

スマートフォン
スマホの普及に伴い、海外どこへいっても無料WiFiを使える場所が設置されています。

その無料WiFiを使ってLINEやSNSを利用することもできますが、
いざ、友達とはぐれてしまった…というような問題が起きたときに持っておきたいのが、
ポータブルの海外用WiFiです。
出発前に空港で借りることも出来ますし、これがあるとないとでは安心感が格段に違ってきます。

海外旅行保険
転ばぬ先の杖として入っておきたいのが、海外旅行保険。

イタリアは盗難にあう可能性が他国に比べて高いことや、
もしもケガや事故を起こしてしまったときの補償のためには入っておいた方が身のためです。
イタリアに10日間行ったとして、平均5,000円ほどの保険料です。

 

補償してもらって5,000円なら安いかもしれませんが、無料なら無料がいいですよね?
クレジットカードを使ったら、『無料』で海外旅行保険のかわりになるものがあります。

クレジットカード
海外旅行保険でちらっと言いましたが、クレジットカードは支払だけでなく、

海外旅行の保険として活躍してくれる優れものがあります。

 

ただし、全てのカードにそれが適応されているわけではありません!
クレジットカードも上手く使えば、保険料金が浮きますが、
間違った認識をしていると後々大きなトラブルに巻き込まれかねないです。

 

クレジットカードの海外保険を誤解したまま海外に行って、現地で骨折して、
保険が適応されず損害額が150万を越えた友だちがいます…。

 

そんなことに巻き込まれないためにも、
海外旅行のクレジットカード選びは慎重に行ってください。
クレジットカードの選び方、保険の使い方、
おすすめのカードを紹介していますので参考にしてくださいね〜。

 

クレジットカードの海外旅行保険で失敗せずに、むしろ得する方法!

 

さぁ!イタリア旅行に向けてパッキングしましょう!

 

海外旅行の楽しみの一つとして、パッキングがあります。

 

最悪忘れても現地で購入したらどうにかなるアイテムばかりですが、
事前に日本で用意しておいたほうがいいアイテムをご紹介します!

 

  • フォーマルな着替え
  • スリッパ・サンダル
  • 帽子・サングラス
  • 日焼け止め
  • 洗面用具
  • 薬(酔い止め)
  • 買い物袋
  • ウェットティッシュ・ティッシュ
  • タオル

フォーマルな着替え
通常の着替えはもちろん必要ですが、フォーマルなドレスを用意しておいたほうがいいです。

 

イタリアではのスリーブやショートパンツ、ミニスカートでは教会に入れません。
ドレスでなくても襟付きのシャツやパンツを一着は用意しておきましょう。

スリッパ・サンダル
どの時期に行くかにもよりますが、機内で過ごすときや、

ホテル内、ビーチに行くときにも重宝すること間違いなしです。

帽子・サングラス
イタリアは日差しが強いので、日よけの帽子やサングラスは必須アイテムです。

サングラスはUVカット加工がされているものを選ぶようにしましょう。

日焼け止め
先程も行ったように日差しが強いため、必ず日焼け止めが必要です。

海外で買うのもいいですが、日本製のもののほうが肌に合うはずなので、
事前に効果の高いPA50++++の日焼け止めを買っておきましょう。

洗面用具
イタリアのホテルでは歯ブラシ、歯磨き粉の備え付けはないです。

シャンプーやボディソープはありますが、髪の毛がギシギシになるので、
自分に合うものを用意しておくことをオススメします。
備え付けの石鹸も肌がつっぱるので、アメニティには期待しないほうがいいです。

薬(酔い止め)
イタリアの運転はかなり荒く、しかも道のアップダウンがかなりあるので

酔いやすい人は絶対持って行ったほうがいいです。
カプリ島に行く予定がある人は船に乗ることになるので、
いつもは車酔いしない人でも念のため持って行ったほうが身のためです。

買い物袋
イタリアでは買い物袋が有料なのに破れやすく、すぐ穴があきます。

スーパーの買い物袋やエコバックなどを持って行くと大活躍します。

ウェットティッシュ・ティッシュ
イタリアの公衆トイレには備え付けのペーパーがほぼないです。

また、ピザを食べる時などに手が汚れるのでウェットティッシュはあれば便利な代物です♪

タオル
ビーチに行くときや、ちょっとした日よけ、汗を拭くときに活躍するので、

タオルは小さいものでも数枚持って行くといいでしょう。

鉄道の荷物置き場にスーツケースを無造作に置いておくと盗難にあう可能性があります。

柱などにワイヤータイプの鍵をかけておくと盗難を防げます。
暗証番号で鍵をあけるタイプの鍵がおすすめです。

コンセント変換プラグ
イタリアはコンセントの刺し口の形が日本と違うので、変換プラグが必要です。

電圧は220Vなので自分が持って行く電気製品が対応しているかチェックしておきましょう。
対応していない場合は変換プラグと変圧器どちらも必要です。

 

覚えておくと旅行がもっと楽しくなる!プチイタリア語集!

 

イタリアでは日本語がほぼ通じません。

 

ですが、それに対して不安を覚える必要はありません。

 

イタリアほど陽気で明るい国はありませんから、観光客(特に女性)だったら
必ず現地のイタリア人から声がかかることでしょう♪

 

(※ただし、妙に距離感の近い人や、「荷物を持ってあげるよ!」というような誘いは
スリの可能性が高いので、それには注意してくださいね!)

 

イタリアを存分に楽しむために最低でも覚えておきたい言葉はこの7つです!

 

日本語 イタリア語 発音
おはよう/こんにちは Buongiorno ブォンジョルノ
やぁ! / またね! Ciao! チャオ!
はい / いいえ Si / No スィ / ノ
美味しい Buono ブゥオーノ
すみません Scusi スクーズィ
いくらですか? Quanto costa? クワント コスタ?
まけてください! Sconto,per favore? スコント ペル ファヴォ―レ?